pagebg

キャリーケースをもって国内旅行

父が60歳で定年退職してから、母と二人で国内外へと旅行に出かけるようになりました。

海外は年に一回程度ですが、母が大好きなヨーロッパを中心に旅をしているようです。

それまで二人で旅行なんて行ったことがなかったのですが、父は母にこれまでの感謝の意も込めて付き合っているようです。

自分の両親ながら、結婚して40年もたつのに変わらず互いを思いやる事が出来る姿をとても羨ましく思っていました。

そんな両親の誕生日に購入してあげたのが、キャリーケースでした。

母に誕生日に何が欲しいかを聞いたら、速攻でキャリーケースがいいと言ったからです。

スーツケースじゃなくていいのか問うと、スーツケースは海外に行ったり長期滞在するときに大きなものがあるのでそれをつかうのだけれど、短期間の国内旅行だとサイズが大きすぎて使い勝手が悪いとのこと。

そのため、国内旅行の時はいつもショルダータイプのカバンを利用していたそうなのですが、小さめのものも一つ欲しいと思っていたんだそうです。

確かに、大型のスーツケースは旅行の日数によっては大きすぎて使い勝手が悪くなることもしばし。

国内旅行だとお土産も少ないし、小さめのもので充分事足りると言っていました。

早速、お店で母と一緒に選びましたが、想像以上に種類がたくさんあってビックリ。

なんとなくビジネスなどで利用するイメージが強く、色も黒系のものが多いと思っていました。

しかし、最近は若い人たちが日頃の移動で利用することも多いそうで、カラフルなモノも多く私も一つ買いたくなってしまうほどでした。

これからもあのキャリーケースをもって日本全国二人で仲良く旅して貰いたいと思います。

Leave a Reply