pagebg

ローンを組んでまで不動産投資をするメリットはあるか

不動産投資となるとそれなりに纏まった金額が必要となる。
そのため投資ローンと呼ばれるようなローンを組んで不動産投資をする人が増えている。
実際にそこまでメリットがあるのだろうかと疑問に思うかもしれないが実際にあると私は考える。
元々、不動産は価値の下がりにくいものであり賃料が劇的に変わる事もないため一旦投資すると安定した家賃収入が期待できる。
その他にもいくつかメリットを上げる事ができるのだが直接的にお金に関する事だと節税とインフレ対策だろう。

不動産投資をすると家賃収入が発生する他にそれにかかる費用である修繕費や交通費、事務費といったような必要経費がかかる。
普段の生活でかかる費用とこの不動産投資で発生する費用をリンクさせ必要経費として運用、計上する事によって給与所得から差し引きすることができ所得税を減らす、還付させる事ができる。
またインフレ対策についてだが現金、貯蓄している金額共に国の財政状態により価値が変わる。
それも変わりだした時には加速度的に落ちる事がある。

その点インフレが起こりお金の価値が変わったとしても物件の価値が落ちる事はないし、家賃収入もその時代に見合った金額に設定しなおすことも可能だ。
むしろインフレ傾向にあると家賃収入は増加する傾向にあるため収益が上がる可能性が高い。
家賃収入、節税、インフレ対策とお金に関するメイットが大きく、また価値の安定性があるため例え多少のローンをしたとしても十分返せる見通しもあるので十分にメリットは言えるだろう。
また実際に金額的にはローンであるが物件は資産として自分の所有物になっているため見えないところでは金額的には全く損をしていないのである。
考え方、者のとらえ方一つであるがこんな時代だからこそ自分の資産の運用は念入りに捉えておきたい。

Leave a Reply